トライオートETFで月10万円稼ぐまでの道のり

トライオートETFで月10万円稼ぐための道のりを記録しています。

【金利上昇中】引き続き我慢の相場 - トライオートETF【ハイテク株売られる】

2022/1/19のマーケット概要

19日のNY株式相場は続落。総じて良好な企業決算が好感され上昇してスタートしたものの、金利上昇が嫌気され終盤に売りが優勢となった。ダウ平均は朝方に179ドル高まで上昇したが、339.82ドル安(-0.96%)とほぼ一日の安値で終了。S&P500も0.75%高まで上昇後、0.97%安で終了。ナスダック総合は1.05%高まで上昇し、1.15%安で終了した。前日に史上最高値から10%超下落し「調整相場」入りしたナスダック総合は、高値からの下落率を11.55%に拡大した。米10年債利回りは朝方に1.90%台まで上昇し、その後1.82%付近まで低下したが、終盤に再び1.87%付近まで上昇した。

金利に放浪され売られる - ナスダック100

金利に翻弄され売られる - ナスダック100

米長期金利が上げ止まりません。引き続きハイテク株が売られ、下落でしんどい相場が続きそうです。

現在有効比率が137%まで低下。120%を割ったら追加資金を投入する必要がありそうです。まだまだ下げる余地はありますが、理由がパンデミックではなく、ただの金利上昇なのでさすがにそこまでは下げないと思います。今はじっと耐えつつ、安いところで買いのポジションを作るのがいいかも知れません。

という訳で、昨夜の損益は、0円となりました。

稼働中の自動売買(ETF)

SPDRゴールド_カウンター(セット数 × 2

日経225ETF_カウンター(セット数 × 2停止予定

日経225ETF_カウンター(セット数 × 2停止予定

S&P500ダブル_ヘッジャー(セット数 × 3

S&P500ダブル_ヘッジャー(セット数 × 3

テクノロジー株_ヘッジャー (セット数× 6

テクノロジー株_カウンター (セット数× 3

テクノロジー株_カウンター (セット数× 3

ナスダック100カウンター (セット数× 2

ナスダック100カウンター (セット数× 2

手動売買

投資適格社債 買い 10セット

稼働中の自動売買(FX)

攻めの低資金コアレンジャー_ユーロ/英ポンド (建玉数量 × 0.5万)

テトラカレンシーセレクト_豪ドル/NZドル (建玉数量 × 0.2万)

2022年1月20日(日本時間)時点の証拠金

証拠金預託額 2,773,279円  ← 投資資金10万円追加
有効証拠金額 2,051,110円 (137.25%)

2022年1月20日(日本時間)時点での評価損益(含み損 or 含み益)

※ まだ決済されていないので、含み損(含み益)です。

評価損益 -717,566円

2022年1月19日~1月20日(日本時間)にかけての実現損益(分配相当額除く)

0円

2022年1月の実現損益

-72,980円

2022年1月の実現損益

2022年1月の実現損益

今夜のNY相場予想

金利がまた上昇しました。やはりまだ底ではないようです。朝方も反発する気配すらなかったので、更に金利上昇からのハイテク株売りは引き続き警戒です。もし勝負するなら今安いので、買いポジションを作りたいところです。

トライオートETFの欠点

トライオートETFで勝てるのは、短期、中長期的に限らず、とにかく上げているトレンドの相場の時だけです。今は上げトレンドに入っています。

つまり、今は絶対に参加すべきです。

やはり基本は上げトレンドの波にのるのがトライオートETFの勝ちパターンです。下げても売れますが、初心者にはお勧めできません。

下げトレンドに入ると、含み損の方がどんどん膨らんで、いずれロスカットされますので、要注意です!ヘッジャーはあくまでもヘッジ目的なので、利益には貢献しません!特に管理人のような素人は傷口を広げるだけです。。泣

トライオートETFなら、上げ基調の相場であれば、少額のトレードを『自動で』一晩中繰り返すので、着実に利益を出せます

投資で上げた利益の使い道に悩みたい方、管理人と全く同じことをするだけで、少額投資で簡単に儲けられますので、まずはココから口座開設。

www.tcs-asp.net

 

【利上げ来た】今が買い時?! - トライオートETF【ハイテク株売られ全面安】

2022/1/18のマーケット概要

18日のNY株式相場は大幅安。金利上昇や予想を下回るゴールドマン・サックスの決算を受けて投資家心理が悪化した。ダウ平均は649ドル安まで下落し、543.34ドル安(-1.51%)と大幅に3営業日続落。S&P500も1.84%安と反落し、ナスダック総合は2.60%安の大幅反落となった。ナスダック総合は史上最高値からの下落率が10.52%となり「調整相場」入りとなり、2020年4月以来、初めて長期トレンドラインの200日移動平均線を下回って終了した。

大幅安でポジション調整 - ナスダック100

大幅安でポジション調整 - ナスダック100

来ました。米長期金利1.875%に上昇し、ハイテク株が売られて、全下がりです。かなり下げてきたことでずっと抱えていた「ナスダック100 (売り) 10セット × 4 」の含み損が小さくなり一気に損切りしました。ようやくです。ようやく足枷を損切ることができました。全部ダンのせいです。

しばらくは低空飛行相場と想定されますので、ポジション作成時期と捉え、10万円資金追加しました。ここからはしばらく我慢比べの相場になるかも知れませんが、一回目の底のような気もしています。

という訳で、昨夜の損益は-103,516円となりました。

稼働中の自動売買(ETF)

SPDRゴールド_カウンター(セット数 × 2

日経225ETF_カウンター(セット数 × 2停止予定

日経225ETF_カウンター(セット数 × 2停止予定

S&P500ダブル_ヘッジャー(セット数 × 3

S&P500ダブル_ヘッジャー(セット数 × 3

テクノロジー株_ヘッジャー (セット数× 6

テクノロジー株_カウンター (セット数× 3

テクノロジー株_カウンター (セット数× 3

ナスダック100カウンター (セット数× 2

ナスダック100カウンター (セット数× 2

手動売買

ナスダック100 (売り) 10セット × 4 (絶賛含み損拡大中) →損切り完了!!

稼働中の自動売買(FX)

攻めの低資金コアレンジャー_ユーロ/英ポンド (建玉数量 × 0.5万)

テトラカレンシーセレクト_豪ドル/NZドル (建玉数量 × 0.2万)

2022年1月19日(日本時間)時点の証拠金

証拠金預託額 2,773,279円  ← 投資資金10万円追加
有効証拠金額 2,145,266円 (144.65%)

2022年1月19日(日本時間)時点での評価損益(含み損 or 含み益)

※ まだ決済されていないので、含み損(含み益)です。

評価損益 -623,693円

2022年1月18日~1月19日(日本時間)にかけての実現損益(分配相当額除く)

-103,516円

2022年1月18日~1月19日(日本時間)にかけての実現損益

2022年1月18日~1月19日(日本時間)にかけての実現損益

2022年1月の実現損益

-72,980円

2022年1月の実現損益

2022年1月の実現損益

今夜のNY相場予想

昨夜は全面大幅安でした。大きく下がると必ず反発があるので、今夜は反発するでしょう。ただ、朝方まで下げていたのでまだ底ではない気がしますが、しばらくは今日以上に大きく下げることはないでしょう。金利がどうなるか次第ですが、変わらないとしたら今夜は反発の上げを期待です。

トライオートETFの欠点

トライオートETFで勝てるのは、短期、中長期的に限らず、とにかく上げているトレンドの相場の時だけです。今は上げトレンドに入っています。

つまり、今は絶対に参加すべきです。

やはり基本は上げトレンドの波にのるのがトライオートETFの勝ちパターンです。下げても売れますが、初心者にはお勧めできません。

下げトレンドに入ると、含み損の方がどんどん膨らんで、いずれロスカットされますので、要注意です!ヘッジャーはあくまでもヘッジ目的なので、利益には貢献しません!特に管理人のような素人は傷口を広げるだけです。。泣

トライオートETFなら、上げ基調の相場であれば、少額のトレードを『自動で』一晩中繰り返すので、着実に利益を出せます

投資で上げた利益の使い道に悩みたい方、管理人と全く同じことをするだけで、少額投資で簡単に儲けられますので、まずはココから口座開設。

www.tcs-asp.net

 

【急落!】資金不足でポジション作れず - トライオートETF【利上げ警戒】

2022/1/13のマーケット概要

13日のNY株式相場は反落。米12月生産者物価指数(PPI)の伸びが市場予想を下回ったことが支援となり上昇してスタートしたものの、テスラ、エヌビディアなどのハイテク・グロース株が大きく下落し相場を押し下げた。米10年債利回りは低下したが、ハト派で知られる米連邦準備理事会(FRB)のブレイナード理事が、米上院銀行委員会の副議長指名公聴会で利上げに積極的な姿勢を示したことが嫌気された。ダウ平均は朝方に223ドル高まで上昇したが、246ドル安まで下落し、176.70ドル安(-0.49%)で終了。S&P500も0.38%高まで上昇後、1.42%安で終了し、ともに3日ぶりの反落となった。ナスダック総合は0.47%高まで上昇後、2.67%安まで下落し、2.51%安と4日ぶりの大幅反落となった。

利上げ警戒でハイテク株が売られる - ナスダック100

利上げ警戒でハイテク株が売られる - ナスダック100

FRB理事が利上げに積極的な発言をしたことが原因でハイテク株が売られ、結果全ての指標がそれに引っ張られて急激に下げる形となりました。含み損がマイナス60万円まで大きくなたことで投資資金がショートし、ポジションの作成に失敗しました。当たり前ながら、下げたところでポジションができないと今後上げた時に利食いできないためできれば投資資金を追加投資したいところです。そんなお金はないですが…😅

ここからはしばらく我慢比べの相場になりそうです。

という訳で、昨夜の損益は0円となりました。

稼働中の自動売買(ETF)

SPDRゴールド_カウンター(セット数 × 2

日経225ETF_カウンター(セット数 × 2停止予定

日経225ETF_カウンター(セット数 × 2停止予定

S&P500ダブル_ヘッジャー(セット数 × 3

S&P500ダブル_ヘッジャー(セット数 × 3

テクノロジー株_ヘッジャー (セット数× 6

テクノロジー株_カウンター (セット数× 3

テクノロジー株_カウンター (セット数× 3

ナスダック100カウンター (セット数× 2

ナスダック100カウンター (セット数× 2

手動売買

ナスダック100 (売り) 10セット × 4 (絶賛含み損拡大中)

稼働中の自動売買(FX)

攻めの低資金コアレンジャー_ユーロ/英ポンド (建玉数量 × 0.5万)

テトラカレンシーセレクト_豪ドル/NZドル (建玉数量 × 0.2万)

2022年1月14日(日本時間)時点の証拠金

証拠金預託額 2,779,075円
有効証拠金額 2,172,610円 (151.39%)

2022年1月14日(日本時間)時点での評価損益(含み損 or 含み益)

※ まだ決済されていないので、含み損(含み益)です。

評価損益 -601,599円

2022年1月13日~1月14日(日本時間)にかけての実現損益(分配相当額除く)

0円

2022年1月の実現損益

+30,536円

2022年1月の実現損益

2022年1月の実現損益

今夜のNY相場予想

利上げは織り込み済みのハズなのに、実際に利上げを示唆されるとハイテク株がパニック売りされてしまう傾向にあります。実際の金利は下がっているのに、です。つまり未来の動きで買われたり売られたりしているということなので、いいニュースがあれば特にハイテク株関連のいいニュースがあれば上げるでしょう。ただ下げ圧力が強いため、まだ底には達していないようです。今夜も下げからの横ばい予想です。

トライオートETFの欠点

トライオートETFで勝てるのは、短期、中長期的に限らず、とにかく上げているトレンドの相場の時だけです。今は上げトレンドに入っています。

つまり、今は絶対に参加すべきです。

やはり基本は上げトレンドの波にのるのがトライオートETFの勝ちパターンです。下げても売れますが、初心者にはお勧めできません。

下げトレンドに入ると、含み損の方がどんどん膨らんで、いずれロスカットされますので、要注意です!ヘッジャーはあくまでもヘッジ目的なので、利益には貢献しません!特に管理人のような素人は傷口を広げるだけです。。泣

トライオートETFなら、上げ基調の相場であれば、少額のトレードを『自動で』一晩中繰り返すので、着実に利益を出せます

投資で上げた利益の使い道に悩みたい方、管理人と全く同じことをするだけで、少額投資で簡単に儲けられますので、まずはココから口座開設。

www.tcs-asp.net

 

【米10年債利回り】確実に利食い - トライオートETF【1.75%の壁】

2022/1/12のマーケット概要

12日のNY株式相場は続伸。寄り前に発表された米12月消費者物価指数(CPI)が1982年以来の高い伸びとなったものの、ほぼ予想通りの結果となり、週初に1.80%台まで上昇した米10年債利回りは1.75%台と落ち着いた動きとなった。ダウ平均は朝方に201ドル高まで上昇し、その後83ドル安まで反落したものの、38.30ドル高(+0.11%)と小幅に上昇して終了。S&P500とナスダック総合も一時マイナス圏に下落したものの、それぞれ0.28%高、0.23%高で終了。ダウ平均とS&P500が2日続伸となり、ナスダック総合は3日続伸となった。

ボラティリティの激しい展開 - ナスダック100

ボラティリティの激しい展開 - ナスダック100

米10年債利回りが1.75%台で落ち着いたため、昨夜もハイテク株がしっかりした動きとなりました。開始と同時に上げてきたため、含み益のあった自動売買が軒並み決済され、利益が出ました。という訳で、昨夜の損益は+10,306円となりました。

稼働中の自動売買(ETF)

SPDRゴールド_カウンター(セット数 × 2

日経225ETF_カウンター(セット数 × 2停止予定

日経225ETF_カウンター(セット数 × 2停止予定

S&P500ダブル_ヘッジャー(セット数 × 3

S&P500ダブル_ヘッジャー(セット数 × 3

テクノロジー株_ヘッジャー (セット数× 6

テクノロジー株_カウンター (セット数× 3

テクノロジー株_カウンター (セット数× 3

ナスダック100カウンター (セット数× 2

ナスダック100カウンター (セット数× 2

手動売買

ナスダック100 (売り) 10セット × 4 (絶賛含み損拡大中)

稼働中の自動売買(FX)

攻めの低資金コアレンジャー_ユーロ/英ポンド (建玉数量 × 0.5万)

テトラカレンシーセレクト_豪ドル/NZドル (建玉数量 × 0.2万)

2022年1月13日(日本時間)時点の証拠金

証拠金預託額 2,779,042円
有効証拠金額 2,296,799円 (155.8%)

2022年1月13日(日本時間)時点での評価損益(含み損 or 含み益)

※ まだ決済されていないので、含み損(含み益)です。

評価損益 -477,748円

2022年1月12日~1月13日(日本時間)にかけての実現損益(分配相当額除く)

+10,306円

2022年1月12日~1月13日(日本時間)にかけての実現損益

2022年1月12日~1月13日(日本時間)にかけての実現損益

2022年1月の実現損益

+30,536円

2022年1月の実現損益

2022年1月の実現損益

今夜のNY相場予想

長期のトレンドで見ると上げる余地はまだありそうです。米10年債利回りが1.75%を上回るか下回るかで方向性が決まるので、逆に言えばこの動きがなければ、横ばいからの若干下落展開となるでしょう。今夜は特に材料もないので横ばい予想です。

トライオートETFの欠点

トライオートETFで勝てるのは、短期、中長期的に限らず、とにかく上げているトレンドの相場の時だけです。今は上げトレンドに入っています。

つまり、今は絶対に参加すべきです。

やはり基本は上げトレンドの波にのるのがトライオートETFの勝ちパターンです。下げても売れますが、初心者にはお勧めできません。

下げトレンドに入ると、含み損の方がどんどん膨らんで、いずれロスカットされますので、要注意です!ヘッジャーはあくまでもヘッジ目的なので、利益には貢献しません!特に管理人のような素人は傷口を広げるだけです。。泣

トライオートETFなら、上げ基調の相場であれば、少額のトレードを『自動で』一晩中繰り返すので、着実に利益を出せます

投資で上げた利益の使い道に悩みたい方、管理人と全く同じことをするだけで、少額投資で簡単に儲けられますので、まずはココから口座開設。

www.tcs-asp.net

 

【続伸】原油ヘッジ回収 - トライオートETF【利食い】

2022/1/11のマーケット概要

11日のNY株式相場は堅調。米10年債利回りが1.75%を下回ったことで主力ハイテク株が続伸したほか、原油高を受けてエネルギー株も軒並み上昇した。注目されたパウエル米連邦準備理事会(FRB)議長の再任指名公聴会では、議長の発言が想定内と受け止められ、金融引き締めへの過度な警戒感が和らいだ。ダウ平均は朝方に300ドル近く下落したものの、パウエルFRB議長発言を受けて上昇し、183.15ドル高(+0.51%)とほぼ一日の高値で終了。5日ぶりの反発となった。S&P500も0.92%高と6日ぶりに反発し、ナスダック総合は1.41%高と2日続伸した。

大幅下落から大幅反発 - ナスダック100

大幅下落から大幅反発 - ナスダック100

やはり米10年債利回りが下げたので、ハイテク株が米株価全体を押し上げる形になりました。だいたい米10年債利回りが1.75%を上回るか、下回るか、その辺りが分解点なのかな、という印象です。

ヘッジ用に買っていた原油もなぜか昨夜は上がっていたので、頃合いを見て利食いしておきました。という訳で、昨夜の損益は+8,009円となりました。

稼働中の自動売買(ETF)

SPDRゴールド_カウンター(セット数 × 2

日経225ETF_カウンター(セット数 × 2停止予定

日経225ETF_カウンター(セット数 × 2停止予定

S&P500ダブル_ヘッジャー(セット数 × 3

S&P500ダブル_ヘッジャー(セット数 × 3

テクノロジー株_ヘッジャー (セット数× 6

テクノロジー株_カウンター (セット数× 3

テクノロジー株_カウンター (セット数× 3

ナスダック100カウンター (セット数× 2

ナスダック100カウンター (セット数× 2

手動売買

ナスダック100 (売り) 10セット × 4 (絶賛含み損拡大中)

原油ETF (買い) 10セット × 2利食い

稼働中の自動売買(FX)

攻めの低資金コアレンジャー_ユーロ/英ポンド (建玉数量 × 0.5万)

テトラカレンシーセレクト_豪ドル/NZドル (建玉数量 × 0.2万)

2022年1月12日(日本時間)時点の証拠金

証拠金預託額 2,768,784円
有効証拠金額 2,242,118円 (154.54%)

2022年1月12日(日本時間)時点での評価損益(含み損 or 含み益)

※ まだ決済されていないので、含み損(含み益)です。

評価損益 -522,504円

2022年1月11日~1月12日(日本時間)にかけての実現損益(分配相当額除く)

+8,009円

2022年1月11日~1月12日(日本時間)にかけての実現損益

2022年1月11日~1月12日(日本時間)にかけての実現損益

2022年1月の実現損益

+20,230円

2022年1月の実現損益

2022年1月の実現損益

今夜のNY相場予想

テクノロジー株は2日続けて反発したので、一旦下げてもいい頃ですが、勢いはまだあり、米10年債利回り次第でまだまだ上げる余地あります。今夜はパウエル再任に期待を込めての上げです。

トライオートETFの欠点

トライオートETFで勝てるのは、短期、中長期的に限らず、とにかく上げているトレンドの相場の時だけです。今は上げトレンドに入っています。

つまり、今は絶対に参加すべきです。

やはり基本は上げトレンドの波にのるのがトライオートETFの勝ちパターンです。下げても売れますが、初心者にはお勧めできません。

下げトレンドに入ると、含み損の方がどんどん膨らんで、いずれロスカットされますので、要注意です!ヘッジャーはあくまでもヘッジ目的なので、利益には貢献しません!特に管理人のような素人は傷口を広げるだけです。。泣

トライオートETFなら、上げ基調の相場であれば、少額のトレードを『自動で』一晩中繰り返すので、着実に利益を出せます

投資で上げた利益の使い道に悩みたい方、管理人と全く同じことをするだけで、少額投資で簡単に儲けられますので、まずはココから口座開設。

www.tcs-asp.net

 

【反発】カウンターで自動売買炸裂 - トライオートETF【行って来い】

2022/1/10のマーケット概要

10日のNY株は高安まちまち。長期金利の上昇が嫌気されハイテク株を中心に朝方に大幅安となったが、金利上昇が反転したことで買い戻された。ナスダック総合は朝方に2.72%安まで下落後、0.05%高とプラス圏を回復して終了。小幅ながら5日ぶりの反発となった。S&P500は2.03%安まで下落後、0.14%安と小幅に5日続落し、ダウ平均は591ドル安まで下落後、162.79ドル安(-0.45%)と4日続落して終了した。米10年債利回りは前日の1.766%から一時1.808%まで上昇したが、1.755%で終了した。

大幅下落から大幅反発 - ナスダック100

大幅下落から大幅反発 - ナスダック100

行って来いの相場となり大幅下落からの大幅反発しました。下げたところでカウンターの自動売買が作動しmポジションができましたが、資金がショートしてしまい、いくつかは作成に失敗しました。その後一気に大幅回復したため朝方には利食いして、昨夜の損益は、+6,459円となりました。下げた時に資金不足でポジションができなかったことが悔やまれます。

稼働中の自動売買(ETF)

SPDRゴールド_カウンター(セット数 × 2

日経225ETF_カウンター(セット数 × 2停止予定

日経225ETF_カウンター(セット数 × 2停止予定

S&P500ダブル_ヘッジャー(セット数 × 3

S&P500ダブル_ヘッジャー(セット数 × 3

テクノロジー株_ヘッジャー (セット数× 6

テクノロジー株_カウンター (セット数× 3

テクノロジー株_カウンター (セット数× 3

ナスダック100カウンター (セット数× 2

ナスダック100カウンター (セット数× 2

手動売買

ナスダック100 (売り) 10セット × 4 (絶賛含み損拡大中)

原油ETF (買い) 10セット × 2

稼働中の自動売買(FX)

攻めの低資金コアレンジャー_ユーロ/英ポンド (建玉数量 × 0.5万)

テトラカレンシーセレクト_豪ドル/NZドル (建玉数量 × 0.2万)

2022年1月11日(日本時間)時点の証拠金

証拠金預託額 2,760,848円
有効証拠金額 2,199,063円 (154.89%)

2022年1月11日(日本時間)時点での評価損益(含み損 or 含み益)

※ まだ決済されていないので、含み損(含み益)です。

評価損益 -557,925円

2022年1月10日~1月11日(日本時間)にかけての実現損益(分配相当額除く)

+6,459円

2022年1月10日~1月11日(日本時間)にかけての実現損益

2022年1月10日~1月11日(日本時間)にかけての実現損益

2022年1月の実現損益

+12,221円

2022年1月の実現損益

2022年1月の実現損益

今夜のNY相場予想

米金利が上げ止まりを見せたことで、分かりやすくテクノロジー株が反発し、同時に全ての指標が反発しました。アメリカの景気が長期金利の上げ下げに連動したテクノロジー関連の株価に牽引されているのは明らかです。今夜はその長期金利がどこまで下げるかに注目です。当然、金利が上がればマーケット全体でも下げるでしょう。ここのところ下げ続きだったので、今夜は引き続きの反発で上げですね。

トライオートETFの欠点

トライオートETFで勝てるのは、短期、中長期的に限らず、とにかく上げているトレンドの相場の時だけです。今は上げトレンドに入っています。

つまり、今は絶対に参加すべきです。

やはり基本は上げトレンドの波にのるのがトライオートETFの勝ちパターンです。下げても売れますが、初心者にはお勧めできません。

下げトレンドに入ると、含み損の方がどんどん膨らんで、いずれロスカットされますので、要注意です!ヘッジャーはあくまでもヘッジ目的なので、利益には貢献しません!特に管理人のような素人は傷口を広げるだけです。。泣

トライオートETFなら、上げ基調の相場であれば、少額のトレードを『自動で』一晩中繰り返すので、着実に利益を出せます

投資で上げた利益の使い道に悩みたい方、管理人と全く同じことをするだけで、少額投資で簡単に儲けられますので、まずはココから口座開設。

www.tcs-asp.net

 

【下げが】原油でヘッジ - トライオートETF【止まらない】

2022/1/6のマーケット概要

6日のNY株は続落。前日のハイテク株の大幅安を受けて神経質な展開が続いた。前日午後に公表された米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨で、より積極的な利上げや、予想より早いバランスシート縮小の可能性が示されたことで長期金利が上昇。前日に1.70%台に上昇した米10年債利回りは、この日も1.7281%と利回り上昇が続いた。金利上昇が追い風となる金融株や原油高を受けたエネルギー株が上昇した一方、高PER銘柄のネットフリックスやテスラが2%超の続落となったほか、ダウ平均は57ドル高まで上昇する場面もあったが、170.64ドル安(-0.47%)と続落して終了。S&P500も前日終値を挟んでもみ合ったが、0.10%安と小幅に3日続落して終了した。前日に3.34%安の大幅安となったナスダック総合も0.13%安と小幅に3日続落して終了。

下落止まらず - ナスダック100

下落止まらず - ナスダック100

金利が上がリ続けているため引き続きテクノロジー株の下げに引きづられて全指標が下げ続けています。利上げによる原油の上昇がありましたが、一旦様子見で利食いしないでおきました。

自動売買の方も昨日と引き続き、資金不足によりポジションがほとんど作れませんでした。有効比率も167%とロスカット圏外で、無理なポジションが作成されないのは安心ですが、もしそろそろ底だとしたら儲かる種がなくなるので資金追加も検討する必要がありそうです。

という訳で、昨夜の損益は、0円となりました。

稼働中の自動売買(ETF)

SPDRゴールド_カウンター(セット数 × 2

日経225ETF_カウンター(セット数 × 2停止予定

日経225ETF_カウンター(セット数 × 2停止予定

S&P500ダブル_ヘッジャー(セット数 × 3

S&P500ダブル_ヘッジャー(セット数 × 3

テクノロジー株_ヘッジャー (セット数× 6

テクノロジー株_カウンター (セット数× 3

テクノロジー株_カウンター (セット数× 3

ナスダック100カウンター (セット数× 2

ナスダック100カウンター (セット数× 2

手動売買

ナスダック100 (売り) 10セット × 4 (絶賛含み損拡大中)

原油ETF (買い) 10セット × 2

稼働中の自動売買(FX)

攻めの低資金コアレンジャー_ユーロ/英ポンド (建玉数量 × 0.5万)

テトラカレンシーセレクト_豪ドル/NZドル (建玉数量 × 0.2万)

2022年1月7日(日本時間)時点の証拠金

証拠金預託額 2,754,389円
有効証拠金額 2,754,389円 (167.4%)

2022年1月7日(日本時間)時点での評価損益(含み損 or 含み益)

※ まだ決済されていないので、含み損(含み益)です。

評価損益 -518,896円

2022年1月6日~1月7日(日本時間)にかけての実現損益(分配相当額除く)

0円

2022年1月の実現損益

+5,762円

2022年1月の実現損益

2022年1月の実現損益

今夜のNY相場予想

さて、底を打ったかどうか、米金利がどっちに動くか見極め時です。金曜日なのでおそらく手仕舞いの売りが大きい気がしますので、下げる傾向が強いでしょう。もしここで金利が下がるならテクノロジーを中心に上げるかも知れませんが、今後のテーパリング警戒感からどちらにしても大きな上げは期待できそうにありません。という訳で今夜は下げ、良くても横ばいといったところでしょうか。

トライオートETFの欠点

トライオートETFで勝てるのは、短期、中長期的に限らず、とにかく上げているトレンドの相場の時だけです。今は上げトレンドに入っています。

つまり、今は絶対に参加すべきです。

やはり基本は上げトレンドの波にのるのがトライオートETFの勝ちパターンです。下げても売れますが、初心者にはお勧めできません。

下げトレンドに入ると、含み損の方がどんどん膨らんで、いずれロスカットされますので、要注意です!ヘッジャーはあくまでもヘッジ目的なので、利益には貢献しません!特に管理人のような素人は傷口を広げるだけです。。泣

トライオートETFなら、上げ基調の相場であれば、少額のトレードを『自動で』一晩中繰り返すので、着実に利益を出せます

投資で上げた利益の使い道に悩みたい方、管理人と全く同じことをするだけで、少額投資で簡単に儲けられますので、まずはココから口座開設。

www.tcs-asp.net

 

トライオートETFの口座開設はこちらから。
トライオートETF